与謝野晶子 短歌








与謝野晶子の短歌は、感情の自由表現が抑制されていた明治時代において、

灰色のキャンバスに、オレンジ色の一線を描いたように、女性美という新しい存在を強烈に確立させた。

後世の評価はそんなところでまとまっていることだろう。


溢れる情報の波を泳ぐあなたには、枝葉の部分に思われるかもしれないけど、

情熱の歌人・与謝野晶子の短歌にプロデューサーがいること、気に留めて欲しい。


奇才の陰に忍んでいるプロデューサーが世に出てきても意味がない。

とはいえ、与謝野晶子の短歌の起源を知ることが、与謝野晶子の理解につながるのなら、

私は拙い筆をとって、与謝野晶子の短歌のプロデューサーのことを残してみたいと願う。





与謝野鉄幹という男は、与謝野晶子の夫だ。

この与謝野鉄幹こそが、あの「みだれ髪」に代表される与謝野晶子の熱情の根源。

鉄幹本人が意図していたかどうかは知らないが、極端に書けばこんな調子。


○与謝野晶子の心を惑わし、感情の渦に巻き込み、情熱の短歌を生み出すため、

妻子がいたにも関わらず、妻と晶子ともう1人の女性との3角トライアングルを作った。


○自分の短歌が売れず、晶子の短歌が売れたら、短歌の弟子でもある晶子の成功に嫉妬し、

与謝野晶子のその後の短歌にプレッシャーを与えた。


○自分は短歌の商売も成功しなくて、12人の子供がいる鉄幹・晶子の家計の役に立たず、

晶子が短歌を詠み続けなくてはいけない理由(生計のため)を作った。


○自分は成功もしていないのに、やることがないから、晶子にタカって費用を工面し、

当時にしては異例の欧州留学をさせてもらった。


ヒモか!意地悪なドS男か!

なんだか罵声を浴びせたいぐらいに、与謝野鉄幹は夫としては役に立っていないように見える。

理解あるあなたには通じるだろうが、しかし、夫婦の関係なんて他人には関係ない。

こんな関係でも与謝野晶子にとっては魅力ある男であり続けたのだろうから、

晶子は鉄幹の子供を12人も産んだし、生涯ずっと連れ添い、世界・日本各地を共に旅する。


短歌の面では一番最初のプロデューサーだけだったが、

その後は、晶子の内面にある才能を発揮させる役割として、プロデュースを続けた。

だからこの夫婦は二人で一体、晶子が情熱の歌人たる所以は与謝野鉄幹にある。


与謝野鉄幹なくして、与謝野晶子はなし。

夫婦の愛情のカタチはいびつだったが、晶子の才能を引き出したのは鉄幹ならではのこと。