直前割引ホテル








直前予約のホテルというが、経営者の観点から言わせてもらうと、

ホテルは労働者が多く携わり、労働者一人あたりの効率化改善がしにくい、という問題点がある。


部屋数×単価の上限があり、爆発的な大ヒットが生まれない条件下、ホテル売上額の上限は毎日一定で。


つまり、原価低減がしにくく、売上増も見込まれない業種であることから、

利益が出し難いのでは?と推測される二大要素がしっかりはまっている、世にも難しい商売。


さぁ、そんな愚痴を言っていてもはじまらないな、まずはホテル経営を

数字の観点でなんとか見つめてみることにしようじゃないか。

直前予約のホテルとして生まれ変わるためには、必要な手続きだからね。


全客室の売上を、客室数と稼働率でみる「Revenue per available room(Rev PAR)」が

一番いい見方になる、というのはホテル業界の先輩たちから学んだ知恵だ。


このリベニュー・イールドマネージメントは、航空機の採算性を見極める時と一緒で、

販売可能な部屋を残さず、なるべく高い値段で販売できるか、に重点を置いたものだ。





この数字を改善するためには、オーバーブッキングやアップフレードなど、

スタッフのその場の判断が重要視され、彼ら予約スタッフに状況判断で

安い料金を提供する権利もなければ、直前割引ホテルの予約客をゲットすることはできない。


つまり、権限委譲が必要とされていて、直前割引はその彼らの権限の中で

直前割引という手段をぶら下げて、通り過ぎる宿泊客を獲得するのが望ましいのだ。


直前割引のインターネット販売は、単価を下げるだけの悪者ではない。

電話では、あらゆる販売制限をコントロールできないが、

ネットならその裏に様々な条件を潜ませることができるから、

結果として適正価格維持に大きく貢献しているのが、直前割引などのネット予約なのだ。


旅行会社を経由すると10%ぐらいの手数料をとられてしまうから、もうけが弱まってしまう。

その分、ネットでの直前予約なら人件費がかからず安いし、リアルタイムで、

リベニューマネージメントをしながらネット販売ができる。


これらのことを総合的に考えれば、ますますネットでの直前予約ホテルが、

ホテル経営の最良かつ最高の管理ツールだと見てくるなぁ。